トップページ > MTR VS DTM? >  MTRは賢い選択

MTRは賢い選択

MTR(マルチトラックレコーダー)はDTM全盛の現在では、一昔前のシステムだと考えている人もしますが、現状は違います。

MTRもデジタル化し、それ一台で音楽制作ができるような利便性、コストパフォーマンスに優れた商品が沢山出ているのです。

また、むしろDTMとの連携も強化されていて、MTRとオーディオインターフェース両方の機能を兼ね備えているモノも増えてきています。

MTRはバンドマンにおすすめ

MTRはデジタル嫌いなバンドマンにおすすめです。

DTMとなると、操作が複雑になり、直感的なレコーディングが難しくなりがちです。

しかし、MTRでしたら、ツマミやフェーダーなど操作部分にこだわって設計されているため、簡単にレコーディングをすることができます。

「リハーサルスタジオでバンドの一発録音」などのシチュエーションには様々な機能が凝縮され、それ一台でレコーディングできるMTRが非常に便利です。

このページのトップへ↑

MTRはコストパフォーマンスに優れている

MTRはコストパフォーマンスに優れています。
一台で音楽制作を完結できるモノが多いため、DTMをはじめるときのように、複数の機材を買わなくてはいけないというようなことはありません。

もちろん、録音クオリティを上げるためにマイクは別に買って使用するなどの、選択肢の幅もあります。

このページのトップへ↑